ネットで趣味・憩いの広場

中高年、シニア世代の趣味情報を紹介しています。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 日本の鉄道模型Nゲージ | main | ようこそ!鉄道模型の世界へはNHKの趣味悠々の講座でした >>

鉄道模型HOゲージ

JUGEMテーマ:趣味


鉄道グッズの通販サイト【グッズステーションtraindo】

鉄道グッズの通販サイト【グッズステーションtraindo】

アメリカではHO(エイチオー)、
ヨーロッパではH0(エイチゼロ)と呼ばれています。  

1920年代に鉄道模型HOゲージは、イギリスで発祥した規格名です。

しかし、現在のイギリスではよりキリのいい4ミリスケール(縮尺76分の1)の
OO(ダブルオー)が主流になってしまいました。

鉄道模型HOゲージというのは、ハーフOゲージの略です。
国際的には縮尺87分の1、軌間16.5ミリの鉄道模型のことを指します。

本来、“HO”は線路幅であるゲージとは無関係の規格名称です。
ですから、鉄道模型HOゲージというのは、和製英語だともいわれています。

現在の日本で主流となっているのは、小型のNゲージ鉄道模型です。

海外では鉄道模型HOゲージの方が愛好家が多いために
発売されている製品も多いのです。
海外では、ドイツの大手鉄道模型メーカーであるメルクリンの他に、フライシュマンやBRAWAがHO鉄道模型を作っていることで有名です。

日本では、HOゲージの鉄道模型はNゲージに比べると高価になっています。
ラインナップもNゲージほど充実していないのが現状です。
安達製作所(あだちせいさくじょ)や
株式会社エンドウなどの鉄道模型メーカーが
鉄道模型HOゲージの製作しています。

現在の日本では、歴史的な事情から80分の1から87分の1までの
スケールの鉄道模型を幅広くHOゲージなどと呼んでいます。
購入する場合は、鉄道模型の縮尺をよく確認してから買うようにしましょう




鉄道模型 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://abaca.jugem.jp/trackback/61
この記事に対するトラックバック