ネットで趣味・憩いの広場

中高年、シニア世代の趣味情報を紹介しています。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< ウクレレの人気 | main | リアルに見える 鉄道模型ジオラマ >>

演奏しやすいウクレレ

JUGEMテーマ:趣味

ウクレレ入門セット (02)【美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Blue-Lagoon】
ウクレレというと小さな大きさばかりと思っている人が多いですが,ウクレレには4つの大きさがあります。

一般的なウクレレとしてイメージされているのは、一番小さなスケールのソプラノウクレレです。

ソプラノウクレレは、
軽くて小さくてかわいいことから、女性にも人気があります。

ウクレレの小さいものから
ソプラノウクレレ、
コンサートウクレレ、
テナーウクレレ、
バリトンウクレレ
という名前がついています。

一番多い来な、リトンウクレレのサイズやスケールは
テナーギターと同じ位の大きさです。

ウクレレから派生した楽器としては、
バンジョーウクレレや8弦のタロパッチがあります。

比較的簡単に演奏できるようになるので、弦楽器としては始めやすいのです。高級なウクレレもありますが、
安いウクレレも多いので買いやすいというのも、
ウクレレ人気の理由のひとつではないでしょうか。

ウクレレを購入する場合
どの場合でもそうですが、ウクレレ初心者がウクレレを購入する場合は、
できればウクレレ演奏者に相談するのが一番です。
もちろん、楽器店に行ってウクレレを弾いてみて、
気に入った音のウクレレを買うのもいいでしょう。

ウクレレ初心者だからと言って、
おもちゃのような五千円以下の安いウクレレはおすすめしません。
音程が正確で良い音の出るウクレレを買った方がいいといわれています。

とりあえず、ウクレレを始めてみたい程度なら、
1万円から2万円くらいのウクレレを買い、
予算に余裕があるなら3、4万円クラスのウクレレがいいでしょう。
本格的にやりたいのなら5万円以上のウクレレを買うといいです。

ウクレレを買いに行く時には、
ウクレレを傷つけないための配慮は当然のマナーは必要です。

爪を短く切って、指輪、ネクタイピン、時計などをはずします。
ウクレレは丁寧に扱い、同じモデルのウクレレは全部弾いてみます。
そして、第一印象がよくて、軽いウクレレはいいものであることが多いです。

ネックのそりやトップの歪み、ブリッジの浮き、ビビリ音が出ないかなどは
買う前にしっかり確認してください。

ただ、ウクレレの内側にあるブレイシングの位置や太さの確認は
ウクレレ初心者には、難しいかもしれません。
弾いてみたときの感じがいいのか悪いのかも判断できないかもしれません。

音色が気に入らないウクレレは、絶対に買わない方がいいです。
ウクレレについた多少の傷や色むらなどは音色にはあまり関係ありません。
自分が愛用するものですから、イヤだったらやめておいた方が無難です。



ウクレレ入門セット (02)【美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Blue-Lagoon】 商品名: ウクレレ入門セット 

ショップ名: Blue-Lagoon

販売価格: 10,500円 在庫 :
 (発送:1週間以内 )





通販法表示




楽器 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://abaca.jugem.jp/trackback/55
この記事に対するトラックバック